小規模事業者持続化補助金

こちらは、個人的に最もお勧めしている補助金です。
おススメの理由は、この補助金はずばりコスパが良い補助金です!

50万円~最大200万円まで補助対象となり、販路拡大のための宣伝広告など、幅広く活用できます。

補助金の概要と目的

正式名称は、小規模事業者持続化補助金とい小規模事業者の方の販路拡大を目標とした補助金です。

小規模事業者持続化補助金は、持続的な経営に向けた経営計画に基づく、小規模事業者等の地道な販路開拓等の取り組みや、業務効率化の取り組みを支援するため、それに要する経費の一部が補助される補助金です。

補助金額の上限

[通常枠] 50万円   [賃金引上げ枠] 200万円
[卒業枠] 200万円  [後継者支援枠] 200万円
[創業枠] 200万円  [インボイス枠] 100万円

補助率:2/3(賃金引上げ枠のうち赤字事業者については3/4)

例えば50万円の補助金を申請しようとした場合、かかった経費の2/3で50万円という計算となる為、実際の経費を75万円以上使った場合に50万円が申請可能となるという考え方です。

補助対象事業者

会社、個人事業者幅広く対象となります。

●会社および会社に準ずる営利法人(株式会社、合名会社、合資会社、合同会社、特例有限会社、企業組合・協業組合、士業法人(弁護士・税理士等))
●個人事業主(商工業者であること)
●一定の要件を満たした特定非営利活動法人

以下の事業者は対象外となります。
○医師、歯科医師、助産師
○系統出荷による収入のみである個人農業者(個人の林業・水産業者についても同様)
○協同組合等の組合(企業組合・協業組合を除く)
○一般社団法人、公益社団法人
○一般財団法人、公益財団法人
○医療法人
○宗教法人
○学校法人
○農事組合法人
○社会福祉法人

補助対象経費

販路拡大を目的とする経費が対象です。

それぞれ対象になる経費、ならない経費が細かく定められているので注意が必要です。
●機械装置等費
●広報費
●ウェブサイト関連費
●展示会等出展費(オンラインによる展示会・商談会等を含む)
●旅費
●開発費
●資料購入費
●雑役務費
●借料
●設備処分費
●委託・外注費

タイトルとURLをコピーしました