令和6年度 新事業展開テイクオフ支援事業

その他補助金

大阪府では、昨年に続き新事業展開テイクオフ支援事業が実施される予定です。昨年と同様、新事業展開に取り組む大阪府内の中小企業者に対して経費が対象であり、今年は、建設業・運用業については上乗せとして人手不足解消(新事業を実施する為の)の経費にも活用できます。

1 令和6年度 新事業展開テイクオフ支援事業
  ・1.1 補助金額など基本情報
  ・1.2 補助金活用の取組み例

2 スケジュールについて
  ・2.1 公募開始時期
  ・2.2 セミナー受講について
  
各種補助金申請のサポートプラン

令和6年度 新事業展開テイクオフ支援事業

補助金額など基本情報

補助対象者   
大阪府内の中小事業者(300者程度)

補助対象事業   
① 既存事業とは異なる事業分野・業種への進出 ② 新たな取組みによる事業の改善

補助対象経費
新事業展開に係る経費(機械装置・システム構築費、広告宣伝・販売促進費、専門家経費、外注費など)
人手不足解消の取組みに係る経費も対象です。
 《人材採用》 仲介手数料・コーディネート料、専用サイト登録料等 
 《環境改善》 紙業務のデジタル化経費、工場内遮熱対策費等

補助金額  
対象経費総額の4分の3以内(100万円を上限)
※建設業・運輸業における、新事業展開のための人手不足解消の取組みに
係る経費に対しては、50万円の補助上限上乗せが可能です。(最大150万円補助)

補助金を活用した事例について
大阪府のHPでは、以下の様なものが想定されています。希望される投資が当てはまるかどうかの参考にご確認ください。

○ 企業向けの食品製造業から、ECサイト構築による、一般消費者向け販売への進出
○ 運送業から、製造・保管・輸送を自社で担う、アウトドア商品開発製造業への進出
○ 新たな労働力(女性・シニア・副業人材等)の確保による、新規事業の立ち上げ
○ 人手不足の中小企業を対象とした、新規営業活動用の自動化サービスの提供
○ 紙業務のデジタル化や、工場内の遮熱対策等により、業務効率化を図る取組み
○ オフィス・宿泊施設等の受付無人化により、業務効率化を図る取組み

スケジュールについて

令和6年5月1日時点で公表されている情報です。具体的には大阪府の正式発表をご確認ください。

公募開始時期  
令和6年6月3日~ (予定)

セミナー受講について 
申請にあたっては、あらかじめ大阪府が指定するセミナーの受講が必要とされています。詳しいスケジュールについては大阪府の発表をお待ちください。

各種補助金申請のサポートプラン

補助金の活用を真剣に検討する事業者の皆さまに向け、事業内容や事業者様の想いに寄り添ったサポートプランをご用意しております。世に多く存在する暴利を追求するコンサル業者ではなく、行政書士という国家資格者が、外部との連携をフル活用しながら、迅速かつ丁寧に補助金の申請をサポートいたします。本稿の記載内容も判断材料としてご検討いただければ幸いです。

(※)補助金は、事業者自らが自社の経営を見つめ直し、経営計画を作成した上で行う取組を支援するものです。外部のサポートを受けること自体は問題ありませんが、申請の丸投げは認められていません。当事務所が関与する際も、依頼者様に大きな負担がかからないよう役割分担を明確にしながら適切にサポートさせていただきます。

行政書士 藤崎 絢也

出身:兵庫県尼崎市 

趣味:Twitter・サッカー・フットサル

性格:竹を割ったようなといわれます

自慢:レスポンスが早いです

好きな人物:高杉晋作

好きな言葉:学ぶとはいかに自らが知らざるかを知ること

Tel : 090-4275-8530  LINE ID : fujisaki-law

Mail : info@fujisakij-law.com 

コメント